活性酸素と抗酸化物質の関係とは

頭が痛い
老化の原因と考えられる活性酸素は、必ずしも悪いものではありません。毎日の生活習慣を整える事で体への悪影響を減らすことができます。 まずは抗酸化作用と活性酸素の関係を考えてみましょう!

シミやシワ、肌のたるみなどといった悩みから、眼精疲労、体のだるさ、ひどいときにはガンや脳疾患など、様々な症状を引き起こす原因と言われているのがこの活性酸素なのです。
とはいえ活性酸素は本来、体によい影響を及ぼすものです。
体にウィルスや細菌が入り込むと、白血球から活性酸素が発生し、これら外的物質を殺菌するこうかがあるといわれています。
しかし、ストレスや喫煙などにより活性酸素が過剰に分泌されることにより、体内が酸化され、様々な悪影響が現れると言われています。
この活性酸素を除去するはたらきを、抗酸化作用といいます。

抗酸化作用とは

抗酸化作用はもともと、私たちの体に自然に備わっている機能です。抗酸化酵素と呼ばれる物質が、体内で過剰発生した活性酸素を無害化することで、体のバランスを保ってきました。
しかし外的要因や加齢によりその機能は衰えてしまい、処理しきれないほど活性酸素が過剰に発生したときに、体に悪影響が現れるといわれています。

これでは、年齢とともに活性酸素の過剰発生を抑えられないようなイメージを持ちますが、もちろんそうではありません。
例えば抗酸化作用のある物質を多く含む食品を摂取する事により、体内の活性酸素を除去するはたらきを助けることができるといわれています。
また現在では、抗酸化作用を助けるためのサプリメントなども発売されており、私たちの健康を様々な面からサポートすることができます。
健康に気を使いたいという方はぜひ一度抗酸化物質を多く含む食品やサプリメントを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。