抗酸化食品で酸化変性LDLを減らす

抗酸化サプリ
現代人に振りかかる様々な体の不調。その中の原因の一つに「LDL」という物質が絡んでいます。 この「LDL」という名前ですが、あまり聞き慣れた名前ではありませんよね。この「LDL」を知ることが、自らの健康を考えるための一つの手段になります。ということで今回は、そんな「LDL」についてご紹介します。

LDLとHDLとは

「LDL」とはhigh density lipoproteinの略で、訳すと低比重リポタンパクと呼ばれる物質です。低比重リポタンパクは、本来hdl(high density lipoprotein:高比重リポタンパク)と呼ばれる物質と対になっている、体に必要な機能として存在しています。LDLは肝臓で作られたコレステロールを、血管を使って必要な箇所に運搬するはたらきを持ったタンパク質です。

一方HDLはその逆で、体の隅々にたまった余分なコレステロールを抜き取り、肝臓へ運びこむはたらきを果たしています。
どちらのはたらきも、私たちの体には重要なのですが、この2つはお互いバランスを保ってこそはじめてその機能が発揮されます。このバランスを崩してしまうのが、活性酸素と呼ばれる物質です。
活性酸素は本来、白血球によって外部から侵入した細菌やウィルスなどを殺菌するために使われます。しかし、ストレスや喫煙、過度の運動や紫外線を浴びることで過度に発生し、シミやシワなど肌荒れの原因を作ったり、ガンや脳疾患の原因に至る場合があります。この活性酸素がLDLを酸化することでLDLは「酸化変性LDL」に変性してしまいます。

酸化変性LDL(悪玉コレステロール)

酸化変性LDLになると、白血球の一種であるマクロファージによって異物と判断されてしまい、攻撃の対象となってしまいます。このため「LDL]は悪玉コレステロールとも呼ばれています。マクロファージは食べることで細菌を退治しようとするのですが、あまりに大量の酸化変性LDLを取り込んでしまうと許容オーバーとなってしまい、泡のような状態の細胞に変化してしまいます(泡沫細胞)。この泡沫細胞が血管壁にくっついてしまい、なんと血管を狭くしてしまうのです。こういったことが狭心症や心筋こうそくの原因になると言われています。ではこの酸化変性LDLを減らすにはどうすればよいのでしょう。

抗酸化作用で酸化LDLを減らそう

その答えの一つとして、抗酸化作用をもつ食品を多く摂取することが上げられます。抗酸化作用により、LDLの酸化の原因を作る活性酸素を除去してしまうのです。抗酸化作用を持つ食品としては、ブルーベリーやサケ、緑黄色野菜などが挙げられます。これらの食品を意識的に摂取し、毎日の生活から酸化変性LDLを減らすよう心がけることが大切です。