抗酸化成分の種類とは

野菜
健康を気遣う方ならご存知なのが抗酸化物質の存在です。
抗酸化物質とは、脂質のか酸化反応を抑制し、身体がさびるのを防ぐはたらきを持っています。
身体が錆びてしまうと、疲れやすくなったり、眼精疲労が起きたり、ひどい時にはガンや脳疾患などを引き起こす原因となってしまいます。
身体がさびるのを防ぐために、抗酸化物質を多く含む食品を摂取したり、サプリメントを服用する方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしこの抗酸化物質、実は様々な種類が存在します。ここでは抗酸化物質の中から代表的なものをいくつかご紹介します。

【ビタミンE(トコフェロール類、トコトリエノール類)】

抗酸化物質の代表格として知られるのが、ビタミンEです。ビタミンEは脂肪に比較的溶けやすい、抗酸化作用を持つビタミンの一つです。その中でも特に研究されているのが、α−トコフェロールと呼ばれる物質です。α−トコフェロールは、活性酸素によって体内の細胞が破壊されるのを防ぐための、重要な抗酸化物質とされています。また、ビタミンEが抗酸化作用を発揮するためには、コエンザイムQ10の存在が不可欠とする研究結果も出ていることから、コエンザイムQ10を同時に摂取することも不可欠です。

【カロテノイド】

高い抗酸化作用を持つことから、健康食品他様々な分野から注目を浴びているのがこのカロテノイドです。カロテノイドは天然由来の色素物質で、構造の違いによってカロテン類とキサントフィル類に分けることができます。脂質に溶けやすいため、脂肪とともに摂取すると効率的に摂取できると言われています。カロテン類に属す物質として、ビタミンAなどのβカロチンや、トマトに多く含まれるリコペンが有名です。一方キサントフィル類に属している物質で最近注目されているのが、サケなどに含まれるアスタキサンチンや、海藻に含まれるフコキサンチンと言われる物質です。これらは特に抗酸化力が高いと言われており、高い注目を集めています。その他にも、ローズヒップなどに多く含まれるルビキサンチンや、緑黄色野菜などにふくまれるルテインなどが有名です。
アスタキサンチン

【ポリフェノール】

カロテノイドよりも以前、ワインに含まれるとして非常に有名になったのが、このポリフェノールです。その中でも特に有名なのがフラボノイド類と呼ばれるもので、大豆に含まれるイソフラボンをはじめ、お茶に含まれるカテキンやタンニン、ぶどうに含まれるアントシアニンなど、誰しも一度は耳にしたことのある物質が多数属しています。フラボノイド類以外には、赤ワインに含まれるレスペラトロールや、ごまに含まれるセサミンなどが有名です。
・レスベラトロール

【水素】

地球で一番小さな抗酸化成分である水素、小さいからこその力と水素だからこそできる事があります。
詳しく>>