アスタキサンチン

kousanka
アスタキサンチンという成分はご存知でしょうか?
サケやカニ、エビなど海の成分に多く含まれている赤い成分であり、おおもとは藻に含まれる成分。
エビを焼いたりすると赤色になるのはアスタキサンチンによるものです。
一説によるとサケが川上りができるのは、アスタキサンチンが体内に多く含まれていることにより、あの過酷な川上りができるとの事。 そんな、強い力を持っているアスタキサンチン。
最近では、美容化粧品によく使われます。

そんなアスタキサンチンの抗酸化力を解説していきます。

アスタキサンチンの底力

アスタキサンチンがなぜ美容や健康に良いと言われているのかというと、それは強い抗酸化力です。
コエンザイムQ10やビタミンC、ビタミンEのトコフェノールといった美容成分が今人気がるのは全て抗酸化力を持つからです。
抗酸化というのは、肌のしみやしわ、疲れや老化の原因となる活性酸素を除去してくれる作用。

さらに凄いのがアスタキサンチンの抗酸化力はコエンザイムQ10の100倍とも言われ、いま大注目なのです。

眼精疲労に効果が強い

抗酸化成分も成分によって強い部分があります。
アスタキサンチンはビタミンやコエンザイムなどが到達する事ができない脳や目まで届く抗酸化成分ため、特にいま注目されているのが眼精疲労です。
デスクワークが増えてきているため、眼精疲労の悩みがある人は3人に一人はいるといわれています。

眼精疲労で悩みのある方は、アスタキサンチンが豊富に含まれているサプリを飲まれたり、サケやイクラなどのアスタキサンチンを多く含む物を食べてみてはいかがでしょうか?
アスタキサンチンについて詳しく>>http://www.asianholidaytours.com/